中高年にライオンラクトフェリンは人気なの?

ライオンラクトフェリンは中高年に人気が高いサプリですが、中高年にとってどんな魅力があるのか。その辺からライオンラクトフェリンの魅力に迫ってみましょう。

 

中高年が気になる内臓脂肪

ライオンラクトフェリンは、中高年が気になっている内臓脂肪を減らすお手伝いをしてくれます。内臓脂肪は痩せていると思っている人でも、知らないうちに付いていく脂肪です。しかし皮下脂肪のように太ったというイメージや、体重が増えるということもないままの付くことも。そのため隠れ肥満とも言われていますが、中高年になるとだんだん付きやすくなるのです。

 

放っておくと毎日の元気を保持できない状態になることもあります。そのため最近は内臓脂肪を減らすことを真剣に考えている中高年の人たちが多くなっているのです。健康診断でBMIの指摘を受けたり、おなかポッコリでベルトがきつくなったりしたら要注意。そんな溜まってしまった内臓脂肪や高くなってきたBMIの改善に、ライオンラクトフェリンはしっかりサポートしてくれるのです。

 

内臓脂肪とライオンラクトフェリン

ライオンラクトフェリンはライオンがラクトフェリンの研究中に、内臓脂肪低減をサポートするという働きを発見しました。そして研究の結果、脂肪の分解を促進するサポートや脂肪の合成を抑制するサポート作用があることも発見されたのです。

 

臨床実験では、腹部肥満傾向の健康な成人男女26名(平均44.8歳)を対象に、無作為に2つのグループに分け、ラクトフェリン1日3粒300mg錠剤を8週間摂取したグループと、プラセボの錠剤を摂取したグループを比較したところ、
内臓脂肪面積はラクトフェリングループはプラセボグループに比べて12.8cu低減、BMIも0.9/uの低減が確認されました。ライオンは内臓脂肪の低減サポートを発見してからも、ラクトフェリンの研究に日々取組んでいるのです。そして中高年にも自信をもってライオンラクトフェリンを提案しているのです。

 

内臓脂肪を減らすには

内臓脂肪を減らすためには食事の見直し、暴飲暴食の見直し、そして適度な運動も必要です。もちろん過度な運動をすることではなく、今までより少し意識することが必要となります。それにライオンラクトフェリンの応援があれば、中高年の気になっている内臓脂肪を減らしやすくなるのではないでしょうか。

 

内臓脂肪は腸管の回りについてしまった脂肪です。そのため痩せている人はおなかポッコリぐらいで、大きな変化はありません。また皮下脂肪の多い人は皮下脂肪だと思っていると、その中には内臓脂肪がたっぷり溜まっていることがほとんど。つまり痩せていても、太っていても中高年になったらまず内臓脂肪を注意することが大切です。だから中高年にライオンラクトフェリンは人気が高いのではないでしょうか。

今すぐラクト