ライオンラクトフェリンは食品から摂れないの?

ライオンラクトフェリンは、他の食品から摂ることはできないのでしょうか。サプリとして摂取するだけでなく食品からも摂取できれば、意識的に食品からも摂取しようと考えている人もいるのではないでしょうか。そこで牛乳をはじめ、乳製品などから摂取ができないか考えてみましょう。

 

ラクトフェリンの含まれているところ

ラクトフェリンは哺乳類の母乳に含まれている他は、涙や唾液、血液などに少量含まれさまざまな働きをしています。しかし多くは母乳に含まれていますが、大人になって母親の母乳を飲むこともできません。そこでラクトフェリンサプリのラクトフェリン成分は、牛の母乳つまり生乳から抽出されています。

 

ちなみに人間の母乳100mlに対してラクトフェリンは200mgも含まれています。牛の生乳100mlに対して30mg。そして加熱牛乳になると熱に弱いラクトフェリンは0と言われています。それに比べてライオンラクトフェリンは3粒で300mg摂取することができます。

 

牛乳からは摂取できない

牛乳から抽出するラクトフェリンだから、牛乳にも含まれていると思っている人も結構いるようです。しかし絞りたての生乳であることが条件であり、その場合生乳100ml当たりラクトフェリンは30mg程度含まれています。またラクトフェリンは熱に弱いので非加熱加工の牛乳なら、100mlに対して10mg程度と含まれていると言われています。しかし目安量まで摂ることはとても難しいと言えそうです。

 

乳製品から摂れるのか

絞りたての生乳や非加熱加工の牛乳以外に、チーズにも少し含まれています。ただしチーズも熱加工されていないナチュラルチーズに限ります。そしてチーズ100gに対してラクトフェリンは30mgと言われています。1日の目安量を摂取するならチーズ1kgの摂取が必要になってしまうのです。

 

これも計算の上だけで、実際にチーズから摂るのはとても困難と言えそうです。バターなどにも少し含まれていますが、チーズと同じように目安量を摂るのはかなり難しくなります。このようなことから、ラクトフェリンはサプリからの摂取が一番便利なのではないでしょうか。

 

特にライオンラクトフェリンは、生乳から抽出されたまま、腸に届けることができるのです。胃酸や消化液などにも分解されず、そのままの状態で腸の中に取り入れることができるライオンラクトフェリンは、ナチュラルな状態でラクトフェリンを感じることができるのではないでしょうか。

今すぐラクト