ライオンのラクトフェリンの健康被害について

ライオンラクトフェリンのトラブルというものはあるのでしょうか。長く続けるサプリなら特に、副作用や合わない人など、その辺のことも知りたいところではないでしょうか。

 

ライオンのラクトフェリンの健康被害について

ライオンラクトフェリンは2007年にライオンラクトフェリン(ナイスリムエッセンスラクトフェリン)が発売されてから、深刻な健康被害は一切ないとのこと。もともと食品なので、副作用ということはありません。しかしどのような食品であっても、食べすぎることで胸やけを起こしたりすることもあるのではないでしょうか。ライオンラクトフェリンも過剰摂取によって一時的にお腹が緩むときもあります。

 

やはり今までトラブルのないライオンラクトフェリンであっても、目安量は守るようにしましょう。ラクトフェリンの一日の目安量は決まった規定がありません。しかし、さまざまな研究の結果一日300mg程度が目安量と言われています。ライオンのラクトフェリンも1日3粒300mgが目安となっているので守るようにしたいものです。

 

長年にわたる実績

ライオンのラクトフェリンは2007年に発売開始をしてから、沢山の人々に飲まれています。その間に深刻なトラブルもなく、多くの人たちによる食体験の実績もあります。またライオンラクトフェリンを発売してからも、さらなる研究を続け品質保持の検証、見直し、ラクトフェインの分析など日々研究を重ねていることからも、安心して摂取できるのではないでしょうか。

 

アレルギーには注意が必要

ラクトフェリンは牛の生乳から抽出したものであり、乳製品のアレルギーを持っている人は避けるようにしましょう。またコショウ科植物由来の原料を使用しているので、アレルギーが心配な方は医師に相談するといいのではないでしょうか。

 

妊娠中、授乳中も注意

妊娠中や授乳中は、やはりどのような成分であっても、妊婦用のものでなければ避けるようにしたいものです。ライオンラクトフェリンも、妊婦や授乳中のために開発されたものではありません。そのため授乳が終ってから、また毎日の元気のために摂取することを考えてはいかがでしょう。

 

保管について

ライオンラクトフェリンに限らず、良い状態で摂取するには保管が大切です。1度開封したものは長期間保存はさけ、1カ月程度で摂取しきるようにしましょう。また毎日の保管には直射日光の当たらない、暗く湿気の少ないところで保管しましょう。保管が悪く品質が変ってしまうことは、どのようなサプリでも食品でも良いことではありません。

今すぐラクト